歯周病ってどんな病気?治療ができる歯医者で症状を改善

HOME>ホットトピックス>歯を失う理由で最も多い歯周病はコレを守るべし!

歯周病の患者数

歯肉炎及び歯周病の患者数は、現時点で300万人を突破しており、前回の調査よりも増加傾向にあります。初期段階は気づかれにくいため、歯科での定期的な検査が求められます。

歯周病によくある代表的な症状

  • 歯肉がむず痒い
  • 浮いたような感じがある
  • 歯磨きをすると出血する
  • 固いものが噛みにくい
  • 口の中がネバネバする
  • 食べ物が歯に詰まる
  • 歯が出っ歯気味になった

完治の見込みについて

歯周病は基本的に、プラークコントロールで失った組織を取り戻すのが狙いです。重度の歯周病こそ、専門医による治療が不可欠です。

歯周病治療の内容とは?

歯

機械を使ったクリーニング

歯科医師や歯科衛生士によるPMTC実施後、専用の機械を使って歯のクリーニングを行ないます。歯周病の原因となる歯石やバイオフィルムを除去し、口腔内の衛生的にします。

再生治療を用いる

特殊なタンパク質のジェルを使って欠損箇所に塗布し、骨を再生させる治療があります。これにより、負担の少ない外科治療が可能となります。

レーザー治療で完治を目指す

歯周病治療の一つにレーザー治療もあります。歯茎にレーザーを照射して血行を促進するもので、歯周病菌の減少に繋がるとされています。

歯を失う理由で最も多い歯周病はコレを守るべし!

女性

歯周病治療で大事なこと

軽度と重度の歯周病を完治させるには、歯周病認定を受けた歯科衛生士と歯科医院の協力が欠かせません。歯周病の改善は、プラークコントロールをしっかり行なうことなので、スケーリング技術がある歯科衛生士の元で、歯周病の根治や予防に徹することが今後のためです。また、自宅ケアも重要になるので、歯科衛生士からブラッシング指導を受けましょう。

歯科検診の目安

歯のクリーニングは、歯と歯茎の状態で決まりので、歯周病を患っている場合は、1ヶ月に一度の受診が好ましいでしょう。症状がある程度落ち着いたら、3ヶ月に一度通いましょう。